2017年12月23日

ジャイプールの結婚式3日目

結婚式3日目。私たちは3日間も楽しい結婚式に参加させていただき
美味しいインドカレーのブュッフェの毎日!!
美しく着飾った人々の煌びやかな衣装にジュエリー!
そしてひときわゴージャスな新婦の衣装&ジュエリーには
目の保養になり心が華やかになりました。
でも、これらの準備はたいへんだったと思います。(金銭的にも・・・)
いや、娘・息子の結婚式にはインドでは昔からケタ違いの金銭が振舞われているようで
それをたいへんと思うなんて以ての外。
それだけの喜びと祝福でこの日を祝う、より華やかに!
それが多くの人々と喜び・幸せを分かち合う特別に日を演出しているのだ思います。

3日目は午前からある会場に行きました。
そこには新婦とその親戚だけが集まっていました。
何がはじまるのか・・・?
しばらくするとある男の人が床に座って何かを床に並べ始めました。。。
そこに新婦が座り親族が次々に座って円になって行きます。
男の人が祈りの歌を歌いながら 新婦がこの先もお金に困らないように・・・とか
健康でいられるようにとか・・・
親族一人一人がその歌に合わせて新婦に手を差し伸べていました。
これも儀式なのです。
親族の絆がとても強くてとても愛に溢れていることを知りました。
私たちは新婦の関係者・友人として特別にこの儀式に参加させていただきました。

IMG_1694.JPG

IMG_2223.JPG

IMG_E1702.JPG

IMG_2221.JPG

IMG_2222.JPG

IMG_1700.JPG

IMG_1708.JPG

その後、7箇所の聖地(お寺など)から神聖な水が運ばれてきて
それで溶いたターメリックで新婦を清める(顔に塗る)儀式もあったそうです。

IMG_2233.JPG

IMG_1721.JPG

私たちは披露宴の準備のためホテルに戻りました。
なんと、私たちが披露宴に参加するために 新婦のお母さんがインド人のヘアメイクさんを頼んでくれていたのです。
一人一人がどんな風に変身するか興味津々です。

IMG_1728.JPG

IMG_1730.JPG

IMG_1732.JPG

まーなんと!それは普段は絶対にしないほどの濃いメイクとヘアスタイル。
とても気に入った人もいれば そうでない人もいましたけど。。。
でも、こういう経験もインドならではです。

IMG_E1741.JPG

そして、またまた違うホテルの披露宴会場へ!
そこには新郎が馬車に乗ってやってきました!!
像もそれをお伴して歩いていました。

IMG_2218.JPG

IMG_2217.JPG

IMG_2219.JPG

IMG_2220.JPG

新郎が馬車から降りてからホテルの入り口から会場までの間、
新郎の親族と新婦の親族が真珠のネックレスの交換をして抱き合い、が続きます。
なかなか先には進みません。
でも、素敵な光景でした。

IMG_1754.JPG

やっと会場の入り口に新郎の姿。

IMG_1793.JPG

しかし、そこでまた賑やかな演奏が始まって
新郎への祝福と新生活への歌が歌われ それに合わせて親族が踊り出し!!
とても楽しく弾けた喜びがここでも繰り広げられていました。
新郎が席に着いた時、新婦が登場!!
それぞれに花を掛け合ってめでたく二人が揃い 
次は二人を祝福する時が始まりました。
この時の新郎新婦の姿は本当に輝いていてとっても美しく
見ているだけで幸せになりました。

IMG_1805.JPG

IMG_2247.JPG

IMG_2246.JPG

IMG_2245.JPG

IMG_2244.JPG

IMG_2156.JPG

IMG_2199.JPG

みんなで写真を撮りひと段落ついたときはもう23時ごろ。。。
そこから、最後の火の儀式へと会場が移ります。

IMG_2254.JPG

IMG_2253.JPG

IMG_2252.JPG

IMG_2249.JPG

IMG_2248.JPG

IMG_2215.JPG

IMG_2250.JPG

超華やかさと厳粛な儀式。
これがインドの魅力なのだと確信しました。

若いお二人はこれからはオーストラリアで生活するそうです。
どうぞ、末長ーくお幸せに〜〜〜・
posted by manami at 01:43| Comment(0) | インド滞在記

2017年12月21日

ジャイプールの結婚式2日目

2日はまずは観光。アンベール城に行きました。
アンベール城は、ジャイプルの郊外の北東11kmの城郭都市アンベールにある宮殿。
ムガル帝国の第3代君主アクバル1世は、1562年にアンベール王の娘と結婚してアンベール王国と同盟を結び、
アンベールを傘下にしました。そして1592年からラージャ・マーン・シングによる大規模な
ムガル帝国の贅の限りを尽くしたようなアンベール城が築城されます。
しかし、ここは水廻りが悪かったとのことで
1727年、アンベール王ジャイ・シング2世はアンベールから自らの名を冠したジャイプルへと遷都しました。
と、以上はインド人ガイドさんのお話です。

IMG_1571.JPG

駐車場までバスで行き そこからはジープに乗って小高い丘の上にある城まで移動します。
午前8時に行くと 象に乗って行けるそうです。

IMG_1577.JPG

その城の広大で美しくまさに贅の宝庫のような装飾には驚きました。
立派過ぎでため息ばかり。。。当時の王様、王族の優雅を垣間見た思いです。

IMG_1583.JPG

IMG_1584.JPG

IMG_1586.JPG
まだ入り口の手前です。

これが入り口
IMG_1589.JPG

まずはこのような空間がありました。
IMG_1598.JPG

IMG_1599.JPG

そこからの眺め
IMG_1593.JPG

IMG_1594.JPG

ヒンドゥー教に関する装飾が施されています。
IMG_1601.JPG

IMG_1603.JPG

IMG_1604.JPG

IMG_1605.JPG

サウナがあります。
IMG_1614.JPG

火をおこすところ。
IMG_1611.JPG

水風呂
IMG_1616.JPG

サウナ室
IMG_1618.JPG

会議をするところ
IMG_1613.JPG

ガネーシャ門、ここから内側は王族のプライベートの場所。
IMG_1621.JPG

IMG_1622.JPG

IMG_1627.JPG

IMG_1628.JPG

IMG_1629.JPG

鏡の間
IMG_1633.JPG

IMG_1641.JPG

IMG_1634.JPG

IMG_1637.JPG


IMG_1630.JPG

IMG_1642.JPG

王とその近い人たちの住まい
IMG_1644.JPG

IMG_1646.JPG

女の人たちの語らいの場
IMG_1648.JPG

抜道
IMG_1652.JPG

IMG_1654.JPG

IMG_1658.JPG

楽しかったです。見るもの全てにワクワクしました。

アンベール城を後にしてホテルに向かう車窓からは それとは掛け離れた庶民の暮らしが写ります。

IMG_1673.JPG

IMG_1678.JPG

IMG_1679.JPG

ホテルに戻ると結婚式2日のパーテイーの準備です。
この日は、みんなで練習したダンスの披露!!
またまた豪華なホテルでのブュッフェを堪能してその出番を待ちました。
私は、バラタナティヤムを披露すべくその準備をして行きましたが。。。
18:30と言われて到着したのに まだ始まりそうにありません。
なんと!あと2時間後くらいに始まると・・・!!!
これって。。。(インドなんですよね〜〜〜)
怒っても仕方ないので その間写真撮影なんかしてそれなりに楽しみました。

会場の入口
IMG_1682.JPG

ステージ
IMG_1684.JPG

IMG_1683.JPG

IMG_2177.JPG

IMG_2178.JPG

やっと踊る時間になりました。
ガネーシャヴァンダナム、ガネーシャ神に祈る踊りです。
これは 物事を始めるときに 思いもよらぬ災いからお護りくだり
降りかかる災難を払いのけてくださる ガネーシャ神に祈る踊りです。
IMG_2192.JPG

IMG_2190.JPG

ダンスはとても楽しかったです。
私たち以外にも2人のお友達や親族がダンスを披露していましたが
私たちのダンスが一番良かったよ〜〜〜と言ってもらえて嬉しい〜〜〜!
でも、ここでもインド人はホントにダンスが好きなんだなーと思いました。
その思いっきり楽しむ姿にこちらのテンションも上げていただいたお陰です。
カニカと新郎もダンスが上手い〜〜〜。

IMG_2189.JPG

IMG_2193.JPG

IMG_2194.JPG

IMG_2195.JPG

IMG_2196.JPG

IMG_2197.JPG

IMG_2198.JPG

IMG_2231.JPG

IMG_2232.JPG

IMG_2179.JPG
posted by manami at 03:38| Comment(0) | インド滞在記

2017年12月18日

ジャイプールの結婚式

 11月30日に関空からエアインディアでインドに行っていました。
と言っても、いつものデリーから南インドへ〜ではなく ジャイプールへ!!
今回は、インドレストラン神戸アールティー&神戸スパイスのバシンホールディングスで
今年秋まで働いていた、社長Arunさん晴美さんの姪カニカさんの結婚式に行くのが目的でした。
日本人スタッフ15名がその披露宴でボリウッドダンスを披露することになり
私はそのダンスの振り付けを依頼されてみなさんに指導していたのですが、
「一緒に行かない〜?」と声をかけてもらいました。
色々と調整は大変でしたが、ジャイプールは初めてですし、
インドの結婚式に招待していただくことは滅多にないと思い行ってきましたー!!

団体行動はあまり経験がないので少し心配でしたが、、、
とっても楽しかったです。
その報告をさせていただきます。

IMG_1395.JPG

*エアインディアの機内食 関空〜香港間
すでにインドを楽しめて嬉しい美味しい機内食です。
IMG_1397.JPG

*エアインディアの機内食 香港〜デリー間
IMG_1399.JPG

まず、デリーの空港を出たらインドツアーを手配していたエージェントが
インド式の花でお出迎え〜。一人一人に首に花をかけてくださいました。
*デリーの空港
IMG_1433.JPG

IMG_1406.JPG

IMG_1408.JPG

デリーはPM2,5の空気汚染が深刻というニュースを聞いていたのですが、
やはり空気は悪かったです。息はしたくない!というのが正直な感想。
飛行機からもデリーは黄色い層で覆われていました。
でも、すぐにそこからバスに乗ってジャイプールに移動でしたので ホッと安心。
しかし、それもつかの間。
バスの発車は夜中の12時、そこからジャイプールまでは6時間!
しかも、バスの性能が悪いのか、道路の作りが悪いのか。。。
常にずーっと、ガタガタと縦揺れは続くのでした。。。

トイレ休憩のトイレは綺麗でしたけど、外は驚くほどの寒さ。
地元の人はみんなダウンジャケットなどを着て
火鉢を囲んでいるのです。これは想定外でした。
IMG_1420.JPG

IMG_1422.JPG

ほとんど眠れずジャイプールのホテルに到着!
ホテルはとても大きく立派でヨカったですよ〜。
が、、、朝6時についたので すぐにチェックイン出来ずにロビーで待ち
朝食のブュッフェを食べて10時ごろにようやく部屋へ。
ひと眠りしたーいと思いきや、これが旅行の妙なテンションで
どんどんと元気になるではありませんか〜。
みなさんもきっとそうだったようで
早速、バスでピンクシティーに向かいました。

バスで移動すること30分ほど急にピンク色の建物が見えてきました。
それがその道路の両側にずーと続いているのです。
いや、気がつかなかったのですが入り口の門があったそうです。
その後に気づきました。何箇所か門がありました。
どうしてここだけピンクなのか?と疑問に思います。

IMG_1486.JPG

1876年に、イギリスのヴィクトリア女王の息子、アルバート王子がこの地を訪れることになり、
ジャイプル藩王が王子を歓迎するために市街の建物をピンク色に塗ったのだそうです。
それ以降もここでは伝統的に建物にピンク色の塗装が施されるようになり、
現在でも「ピンク・シティー」と呼ばれています。

IMG_1455.JPG

IMG_1484.JPG

IMG_1489.JPG

IMG_1500.JPG

IMG_1507.JPG

中でも有名なのが「風の宮殿」一つ一つの窓を開けて風を循環する機能があるそうです。

IMG_1458.JPG

IMG_1456.JPG

ここは旧市街地で お店がたくさんあります。
特に、生地屋さん、サリー屋さん、靴屋さん、アクセサリー屋さん、、、
小さな店構えですが 色とりどりで通っているだけでも楽しくなりました。
ゆっくり買い物もしたかったのですが、それは団体行動の辛いところ。。。
目的はランチでしたので その店目指して歩くだけでした。
でも、歩くだけでも満足でした〜。
IMG_1452.JPG

IMG_1459.JPG

IMG_1461.JPG

IMG_1476.JPG

IMG_1476.JPG

IMG_1477.JPG

IMG_1481.JPG

ランチはジャイプルのターリー。ターリーは定食のことです。
ジャイプールはラジャスタン州。北インドになるのですが、ここの味はまた他の地域とは違って
美味しい〜〜〜。少しあっさりしている印象。それが口に合いました。
特に ダルカレーが独特で気に入りました。

IMG_1470.JPG

IMG_1473.JPG

IMG_1471.JPG

帰りに、披露宴でのダンスで着る服をみんなで買いに行き
ホテルに戻って、結婚式1日目のパーティーに出席する準備です。
そうそう、インドの結婚式は3日間あるのです。
1日目のドレスコードは緑色を着る、または付ける。
これは新婦側の色で、新郎側は青でした。

IMG_1520.JPG

みんなでワクワクしながら式場へ。
そこはプールサイドでした。
IMG_1514.JPG

IMG_2204.JPG

IMG_2205.JPG

IMG_1531.JPG

IMG_1530.JPG

IMG_1528.JPG

すでにキラキラに装飾されて音楽でウエルカム。
早速、新婦になるカニカと会えてみんなテンション上がりました。
1日目は新婦の身体にメヘンディーをする儀式があったそうです。
カニカの両腕にはとても美しいメヘンディー。
そして、お客さんもメヘンディをしてもらえるというのがパーティーの目的でもあるそうです。
で、私もメヘンディしてもらいました。

IMG_1535.JPG

IMG_1537.JPG

IMG_2186.JPG

IMG_1565.JPG

ずらっ〜と並んだ食事はブュッフェスタイル。
アルコールもあって飲み放題。
音楽は大音量でかかっています。
そして、歌手が歌を歌い始め、お祝いに駆けつけた親族 お友達は思い思いに踊り始めます。
弾け方、楽しみ方がとってもnatural。
楽しい〜!幸せ〜!を思いっきりダンスで笑顔で表現していました。

IMG_2209.JPG
posted by manami at 01:32| Comment(0) | インド滞在記