2018年04月07日

インパール戦跡ツアー2

 インパール戦跡ツアー2日目はインパール南西のビルマ国境近くまで行きました。
そこまでの道のりも左右には広々とした大地が広がっているだけです。
でも、黄色いお花・菜の花畑が見えてきました。
この時期は何もありませんが畑なのです。

fullsizeoutput_7a06.jpeg

しかし、第2次世界大戦の時、ビルマで日本に敗れたイギリス軍が撤退して
インパールに飛行場を作り、そこで力を蓄えていました。
日本軍の目的はこの飛行場を攻め落とすためにインパールに侵攻したと
こちらのガイドさんは説明していました。
当時は イギリス兵は防空壕などできつい生活をしていたとのことです。
しかも、山本支隊(歩兵隊)がこのPAPAL飛行場を攻めてきたのは雨季にあたり
土地は滑ってドロドロでその湿気と暑さと菌や蚊などにも悩まされ死者が増えたそうです。
結局、日本はここで失敗して大きなダメージになったとのことです。

xoQsj%rlRe2yq6v5i0x2ug.jpg

AdrPKQWURHOahsFD9TZWxQ.jpg

kK6yvoA0Sz6gaC39zJtkUQ.jpg

TKcXqH1lQ7iBBJ4m4AFDnQ.jpg

PFXEjGPaR0601vPo+V%Eag.jpg

でも、こののどかな土地を見ていてその当時のことなど想像がつきません。

8FejZxuhTViHrykpFNiKCQ.jpg

この後は さらにビルマ国境の山の上に向かいました。
山は一つではないのです。山々が連なっています。
よくまー、ビルマ側からここまで歩いてきたものだと、びっくりしました。
道路の途中でバスから降りたのですが、、、
ガイドさんは、そこから山頂を指差して「あの山頂に建物や人が見えますが、
あちらにカメラを向けてはいけません。ここでカメラを出すのもやめたほうがいいです。」と
言いました。一瞬、緊張しました。
そこは、まさにビルマ国境の山頂で当時、前島と名付けられていた日本軍のキャンプだったそうです。
今は、アッサムライフが駐屯して国境警備をしています。
私たちの横を行き交う車にはライフルを持った軍隊の人が乗っていて
少し異様な感じがありました。
(もちろん この辺りの写真はありません)

4B1764z8Svitlqy3y+CiPw.jpg

EbOUpuAZSu+OFnoKpno2gw.jpg

azsnPifQQLKgp%qhDRWkig.jpg

その後、少し離れた三角の山にきました。

Wb4Nd0Z6RzaS3Bf5YIMtkQ.jpg

当時、山本支隊によって1日だけその山頂に日本の旗が立ったそうです。
でも、すぐにイギリス軍により撤退。
今は景色の良い山頂なのですが、当時の写真は木々がなく激しい戦闘の様子が写されていました。

IM99hjnXSAaoo1T0LfgxzQ.jpg

xjAqzUCDTXCdijWeCbUrwQ.jpg

RaMZSF8rTRCmGw764W3InQ.jpg

この辺りでは、2〜3日のうちに800名が死んだそうです。
イギリス軍はその遺体を引き取りに来たそうですが、
日本軍は来なかったので地元の人たちがビルマまでは運んだそうです。

その後は、山を降りてランチです。
地元の人しか行かないようなローカルな食堂に案内されました。

59kZxW8BRW63IydzSfb4mQ.jpg

pwMq%q5EQLGPE2GYQOF1iA.jpg

fullsizeoutput_7a0a.jpeg

メニューは地元の人が普段食べている定食です。
南インドの定食とは見た目も違いますが、味も違います。
ほとんどスパイスの味はしません。
でも何かのスパイスは効いているのです。
優しい味で日本人の口にも胃にも合うと思いました。

fullsizeoutput_7a0c.jpeg

fullsizeoutput_7a0d.jpeg

fullsizeoutput_7a10.jpeg

fullsizeoutput_7a0f.jpeg
南インドだったらスパイスまみれの味付けですが、ここは塩味程度。

fullsizeoutput_7a0e.jpeg
ほとんど味がしない優しい塩味。

IMG_3048.JPG

fullsizeoutput_7a07.jpeg

fullsizeoutput_7a0b.jpeg

fullsizeoutput_7a08.jpeg
揚げものの時に使うらしい。

wqi9g3oVQSO0Z2mz1UgIFg.jpg

食後に、店の女の人がおでこに書いてある印を私たちにも書いてくれました。
これはビンディー(赤い丸い印)と同じ意味だそうです。
形がヴィシュヌ神の信仰を表しています。

IMG_3136.JPG

EEYDPd2UTO2ldw30VVp2Ew.jpg

GhTT%xvVQsyPiAQeXMZfQQ.jpg

Kakching Gardenに行きました。
小高い丘を綺麗に手入れした公園です。

fullsizeoutput_75fa.jpeg

szGOR5HaR5iiMDJr98r3pA.jpg

kWcxG128S3Cpiv%u6L5GrA.jpg

その上からの眺めも気持ちよかったです。

fullsizeoutput_75f6.jpeg

DAB9BUSPSOSmbN4qm1yDQQ.jpg

ここにはシヴァ神の寺院がありました。

fullsizeoutput_75f8.jpeg

fullsizeoutput_7a11.jpeg

そして、カラスも神様として祀る祠もありました。

fullsizeoutput_7a16.jpeg

fullsizeoutput_7a13.jpeg
ここで出会った地元の方々、一人は有名な歌手で、もう一人は食品マーケットのオーナーさんだそうです。

帰りにガイドさんが家に招待してくれました。
一際大きく立派な家でした。
fullsizeoutput_7a17.jpeg

壁の色が奇抜です。

8osF2+2BQ86pgTBokEMycA.jpg

ガイドさんとお母さんと奥さん。

T5GTitO7TMedAz5bJLKd3g.jpg

奥さんが作ってくださった黒米のお菓子がとーっても美味しかったです。
こちらでは黒米を牛乳と砂糖で煮たこのような食べ物(お菓子・スイーツ)をよく食べるそうです。

jYmX+ga0TwOOqLH1238Wwg.jpg

posted by manami at 01:18| Comment(0) | インド滞在記