2017年12月21日

ジャイプールの結婚式2日目

2日はまずは観光。アンベール城に行きました。
アンベール城は、ジャイプルの郊外の北東11kmの城郭都市アンベールにある宮殿。
ムガル帝国の第3代君主アクバル1世は、1562年にアンベール王の娘と結婚してアンベール王国と同盟を結び、
アンベールを傘下にしました。そして1592年からラージャ・マーン・シングによる大規模な
ムガル帝国の贅の限りを尽くしたようなアンベール城が築城されます。
しかし、ここは水廻りが悪かったとのことで
1727年、アンベール王ジャイ・シング2世はアンベールから自らの名を冠したジャイプルへと遷都しました。
と、以上はインド人ガイドさんのお話です。

IMG_1571.JPG

駐車場までバスで行き そこからはジープに乗って小高い丘の上にある城まで移動します。
午前8時に行くと 象に乗って行けるそうです。

IMG_1577.JPG

その城の広大で美しくまさに贅の宝庫のような装飾には驚きました。
立派過ぎでため息ばかり。。。当時の王様、王族の優雅を垣間見た思いです。

IMG_1583.JPG

IMG_1584.JPG

IMG_1586.JPG
まだ入り口の手前です。

これが入り口
IMG_1589.JPG

まずはこのような空間がありました。
IMG_1598.JPG

IMG_1599.JPG

そこからの眺め
IMG_1593.JPG

IMG_1594.JPG

ヒンドゥー教に関する装飾が施されています。
IMG_1601.JPG

IMG_1603.JPG

IMG_1604.JPG

IMG_1605.JPG

サウナがあります。
IMG_1614.JPG

火をおこすところ。
IMG_1611.JPG

水風呂
IMG_1616.JPG

サウナ室
IMG_1618.JPG

会議をするところ
IMG_1613.JPG

ガネーシャ門、ここから内側は王族のプライベートの場所。
IMG_1621.JPG

IMG_1622.JPG

IMG_1627.JPG

IMG_1628.JPG

IMG_1629.JPG

鏡の間
IMG_1633.JPG

IMG_1641.JPG

IMG_1634.JPG

IMG_1637.JPG


IMG_1630.JPG

IMG_1642.JPG

王とその近い人たちの住まい
IMG_1644.JPG

IMG_1646.JPG

女の人たちの語らいの場
IMG_1648.JPG

抜道
IMG_1652.JPG

IMG_1654.JPG

IMG_1658.JPG

楽しかったです。見るもの全てにワクワクしました。

アンベール城を後にしてホテルに向かう車窓からは それとは掛け離れた庶民の暮らしが写ります。

IMG_1673.JPG

IMG_1678.JPG

IMG_1679.JPG

ホテルに戻ると結婚式2日のパーテイーの準備です。
この日は、みんなで練習したダンスの披露!!
またまた豪華なホテルでのブュッフェを堪能してその出番を待ちました。
私は、バラタナティヤムを披露すべくその準備をして行きましたが。。。
18:30と言われて到着したのに まだ始まりそうにありません。
なんと!あと2時間後くらいに始まると・・・!!!
これって。。。(インドなんですよね〜〜〜)
怒っても仕方ないので その間写真撮影なんかしてそれなりに楽しみました。

会場の入口
IMG_1682.JPG

ステージ
IMG_1684.JPG

IMG_1683.JPG

IMG_2177.JPG

IMG_2178.JPG

やっと踊る時間になりました。
ガネーシャヴァンダナム、ガネーシャ神に祈る踊りです。
これは 物事を始めるときに 思いもよらぬ災いからお護りくだり
降りかかる災難を払いのけてくださる ガネーシャ神に祈る踊りです。
IMG_2192.JPG

IMG_2190.JPG

ダンスはとても楽しかったです。
私たち以外にも2人のお友達や親族がダンスを披露していましたが
私たちのダンスが一番良かったよ〜〜〜と言ってもらえて嬉しい〜〜〜!
でも、ここでもインド人はホントにダンスが好きなんだなーと思いました。
その思いっきり楽しむ姿にこちらのテンションも上げていただいたお陰です。
カニカと新郎もダンスが上手い〜〜〜。

IMG_2189.JPG

IMG_2193.JPG

IMG_2194.JPG

IMG_2195.JPG

IMG_2196.JPG

IMG_2197.JPG

IMG_2198.JPG

IMG_2231.JPG

IMG_2232.JPG

IMG_2179.JPG
posted by manami at 03:38| Comment(0) | インド滞在記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: