2009年11月07日

福岡テント村からの報告

美浜の会の方からメールがありました。
福岡の玄海原発でプルサーマルが本稼働しても
「しゃーない」で済まされるのかなー?
淡々と進んで行くのをじーと眺めてはおれません。
後で、「あの時 止めておけば良かった!!」と、、、
それは その時はもう遅すぎるのです。

今日 美浜の会と市民30名ほどが関電本社に行き
「MOXに関する国の具体的審査基準が存在しない、
という問題がクローズアップされました。」との事です。
プルサーマルは安全だというけれど 
MOX燃料を製造する国の基準はなく
「関電が海外の規格やウラン燃料の経験を基にして出した上限値を
保安院に説明し、それを審査してもらっている」とのこと
国の基準もないのに プルサーマルを開始しようとするのは
とんでもないとの要望書を作成するとの事です。

そして、今の福岡のテント村からの報告です。
(美浜の会からのメールの転送)
  ↓ ↓

福岡の九電本店前 テント村からの報告です。
下記、どんどん転送してくださいとのことです。
テント村で、今日は泊まるそうです。

[転送転載歓迎]

全国の皆様

いつも献身的な活動とご支援、ご協力頂きまして本当にありがとうございます。

テレビでは昨夜も淡々と「玄海原発の3号機原子炉で「臨界」の状態に・・・」
と報じられていましたが、私たちは心穏やかではいられません。
そして何より私たちは諦めていません!

みらい実行委員会、しっかり絆を強めてますます燃えています。

昨日朝10時から九州電力本社前で24時間体制の期限未定の
座り込みテント村の開村しました。

そんな様子をちょっとだけご紹介させてください。画像あまり良くありませんが…
結構立派なテントが2つ仲良く並んでいます。

佐賀の石丸さんからお借りしたままでした北海道からの
可愛い寄せ書きバナーも応援してくれています。

ほかの佐賀の横断幕も停車中のバスから見えるように思いっきり
賑やかに総動員しています。
最近は深夜かなり冷え込みますので、防寒対策にも気を使っています。

案の定、夕方になって「寒いよ〜誰か段ボール持って来てぇ〜」と
MLにメッセージが入りました。すると、即、誰かが運んで来てくれて…

テントの中はおにぎりと漬物、特製豚汁、ミカン、柿、お菓子、パンetc.
山のような食料の差し入れが届いていました。

くまもり仲間も駆けつけて九電ビルの前がステージに早変わり。
ギターとタンバリン片手に原発反対ソング(替え歌)で随分盛り上がっていました。
そのうち、どこかで見張っていた警備員?から注意を受け、テント前に移動。
社屋のほとんどの窓に電気が輝いて、時々人影がこちらを注目していました。

水俣から駆けつけてくださった岩崎さんの昨夜は泊り込みしてくださいました。
今晩は2名になりそうで、応援を呼びかけるMLが回っています。
今晩は豆腐とブランド名「走る豚」のお鍋だそうです。

実はみんな、虚しさで呆然と…そして泣き出しそうな気持ちを
精一杯奮い立たせて頑張っていまーす。

どうぞ、皆さんも私たちのこと見守っていてください!
そしてしっかり繋がって共に頑張って行きたいです。
佐賀の皆さんともしっかり支え合って頑張って行きます。
上関にもいつかきっと応援に行きます!
今後ともご指導ご支援をどうぞ宜しくお願い致します。

追伸:みらい実行委員会のブログも更新中です。
応援メッセージもお待ちしています。
        ↓
http://carnivals.blog93.fc2.com/

長文、乱文失礼致しました。


みらい実行委員会所属
  小林 栄子











posted by manami at 01:15| Comment(0) | 電力エネルギー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。