2010年06月27日

7回目のシジミ獲り

今年で7回目になるんですね。
この準備をされてる皆さんの
ご苦労を感じます。
一週間前は 現地の掃除をして
いやいや それだけでなく
1年を通して しじみが棲めるように
こどもたちが ここで川に入っても大丈夫なように・・・
ボランティアの方たちは毎週EM元気液や元気玉を
投入して 準備をしてこられているのです手(チョキ)

そして、きょう!!
お天気が良くなって良かったよかった晴れ
皆真っ赤に日焼けして 汗かいて
もう〜 とにかく一生懸命楽しんではりました。
平均年令結構高いんですよ!(いやぁ〜、かなりかも知れん)
でも、こどもたちが どこからともなく
続々と集り出して
みんな川でのシジミ獲りに夢中になっているところを見ると
嬉しいですね。

Image6741.jpg

Image6751.jpg

お腹がすいた頃には
漁業協同組合の人達が作ってくれた
たこ飯としじみ汁が待っていて
お腹いっぱいになったら
また、川で遊んで、
最後は EM菌の団子(元気玉)を
川に投げこむ!

Image6771.jpg

Image6791.jpg

彼らは この団子が生態系を元に戻す働きをしていることを
ちゃんと 理解しているのでしょうか〜???
うん!たぶん解っている!
さっき食べたしじみ汁のしじみは
ここで穫れたもので
土の中に入るもので
その土と川を自然な形で
きれいにしないと
おいしいしじみは穫れないのだ!!!!!
ということを
きっと、説明しなくても
本能が理解しているだろう。
実際に 身体動かしてるということは
五感が働いているということだ!

といことを、
こどもたちの動きをズーと見ていて
思ったのでした。

湿気がかなりあって
雲が切れると
真夏並の太陽の光になって
寝不足には堪えたけれど
時々 とっても心地よい風が
川面から私たちの方に吹いてきて
自然の涼にも 満足させていただきました。

それにしても 
2才未満の小さな子たちが
少し大きなお兄ちゃん、お姉ちゃんたちと一緒に
せっせと 元気玉を投げては
取りに来て 投げては取りに来て・・・
している姿 そのよく働く(?)姿には ニッコリでした。

posted by manami at 23:24| Comment(0) | 環境
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。