2010年12月03日

インドで再生可能エネルギー発電・・・

ちょっといい話しを見つけました!!
       ↓↓
九州電力、インドで再生可能エネルギー発電事業に参画
http://eco.nikkeibp.co.jp/article/news/20101126/105364/

九州電力はインドで再生可能エネルギー発電事業に参画する。インドの政府系火力発電会社のNTPC、アジア開発銀行と合弁会社を設立する契約を結んだ。3年間で累計50万kWのプロジェクトの開発を目標に具体的な案件を発掘し、選定する。当初は、主に風力発電や、2万5000kW以下の小規模水力発電を対象に検討していく。

 合弁会社は資本金6500万ルピー(約1億3000万円)で、出資比率はNTPCが50%、九電とアジア開発銀行が25%ずつ。九電は100%子会社のキューデン・インターナショナルを通じて参画する。風力、小規模水力など発電プロジェクトを実施するごとに、必要に合わせて増資する。プロジェクトを展開する場合は、合弁会社が100%出資して各プロジェクト子会社を作る。

 インドは急速な経済発展と人口増加に伴って電力需要が急増しているうえ、電力供給のほとんどを石炭火力発電が占め、温室効果ガス排出の増加が懸念されている。NTPCは現在、石炭・ガス火力発電など化石燃料で電力を供給しているが、2017年までに100万kWの再生可能エネルギー電源の開発を目指し、九電と組んで化石燃料からの転換を加速させる。

 九電は、中国・内蒙古自治区で風力発電開発を手掛け、2009年9月に本格的な営業運転を始めたほか、インドでもグループ企業が2011年中の運転開始に向けて鶏ふんと木質バイオマス燃料による発電事業を推進するなど、アジアで再生可能エネルギー開発を積極展開する方針を掲げている。今回もその一環として参画する。(日経BP環境経営フォーラム)

========

でもなー・・・
九州電力は玄海原発のプルサーマルをやめてほしいなーグッド(上向き矢印)

それに、インドでは原子力発電への意欲も満々なので
これはそのカモフラージュでなければいいのですけどね。
実際、日本は原発推進でその問題点はメディアではほとんど言わないのに
自然エネルギーへの推進を強化!!とかは大きく報道してました。
でも、全体のエネルギーの割合からすると
ごくごく本の一部だったりするのです。。。
そして、原発の割合も増えることは言わないんですよ〜。
ずるいんだわーパンチ


posted by manami at 19:50| Comment(0) | 環境
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。