2011年02月18日

おおあさ自由学校  2011年度受講生募集

 今年も 「おおさか大麻自由学校」の受講生募集しています!!
私は 2年前楽しく受講させていただきました。
去年は 一応スタッフ?として出来るだけ講座に参加し
麻に関しての様々な知識を持つことができました。
それは、ほとんどが目からウロコぴかぴか(新しい)でしたよ。
大麻を”おおあさ”ではなく”たいま”と呼ぶと
抵抗を感じる人が多くいるのではないでしょうか。
大麻所持で逮捕される報道をよく見ますものね。。。
法律で禁止されているものは 絶対ダメexclamation×2と思っていました。

 でも、それ以外の麻製品は市場に沢山出回っていて
麻・ヘンプ素材の衣類はとても肌によく 寒い時は体温を逃がさず
暑い時は汗を吸い風通しをよくしてくれるという優れものです。
もう化繊素材は着られなくなりますむかっ(怒り)
なんでも ヘンプは気の流れもよくしてくれるとか・・・
その心地よさは 着ればすぐ解ります手(チョキ)

 麻は実やオイルなど食品としても優れています。
七味には麻が入っていて知らず知らずのうちに食べていることも
知らなかったです。
今は 実の殻をとったもの ナッツとして売られているので
とても食べやすいし美味しいし 普段のお料理にちょこっと使えるのが
便利ですよ。
ナッツを使った麻クッキーもおいしいし
お好み焼き作る時に少し混ぜると香ばしさがプラスされます。
サラダにかけるのはとっても簡単。
麻の実やオイルには 必須アミノ酸が含まれていて
植物繊維も豊富なんです〜グッド(上向き矢印)

 建築素材としては戦前(約60年前)まで普通に使われていたみたいです。
壁に使うと湿度の調整や 防寒にもなり日本の家屋には欠かせなかったのです。

 オイルはガソリンの代わりにもなるし
プラスチック製品も作られているんです。
それ丈夫なので ベンツのドアとかにも使われていて
さすが〜ドイツだな!!と思わせます。
もうそろそろ石油に頼っていられないですものね。
次の素材に取り組まないと!!!
と言っても それは昔からあった物だったのですひらめき

 上記の麻は産業用の麻を使った物ですが
問題に?なっている医療大麻もグッド(上向き矢印)これが今見直されているのです。
それもアメリカで!!!
アメリカが日本の麻産業を禁止して 大麻は薬物だ!!!と
言いふらしたのにも関わらず・・・あせあせ(飛び散る汗)
この情報操作・からくりには 驚かされました。
しかし、麻薬にしても薬物にしても 
この呼び方が悪いもの!!として植え付けられていますが
漢字見たらなんてことない!!
「あさくすり」「くすりもの」ではないですか〜。
それもそのはず
アメリカ・カリフォルニア州では医師の処方箋があれば
医療大麻を使用してもよい!!と言う方向に行っているのです。
もちろん、効き目があるからです。
特に 神経系からくる病に有効だそうです。
いままで、他の薬では改善しなかったものが良くなっていくと言うことです。
これはどういうことなのか・・・??
ということも 2回も講座を受けて大納得しています。

そう!!全てを見直さなければならない時ですね。
疑ったままでもいいので
本当のことを知ることは大切だと思います。
それでも「うそだ!」と思っても
別の方向からの情報も取り入れて 
選択する自由は必要だと思います。

第二次世界大戦前まで日本中で麻畑があり
衣食住に活かされて 心身ともに健康な生活をしていたのです。
それを何となく懐かしく思う人も多いはずです。

そして、これからは化石燃料の枯渇の問題や
あらゆるストレスから来る神経を侵す病が増える社会問題。
また、麻は栽培することで土壌改良もしてくれるのです。
しかも、1年草。
農薬まみれの農場にはうってつけの救世主でしょう。

きっと、麻が復活すると困る人がいるのでしょうね。
その勢力は絶大かもしれない。。。
でも 地球はその人たちの物ではないですからね
ましてや、日本人もその奴隷ではないのですから
自らの幸せ、健康。。家族の笑顔を奪われる筋合いはありません。

その幕開けはもうすぐそこに来ている晴れと思ってます。

そのためにも。。。

麻のこと!!!
もっと多くの人に知ってもらいたい黒ハート

以下のお知らせを見て 
ピンときたら 受講してくださいね!!!
(今年は私は関わっていないので 下記にお問い合わせください)

-------------------------------------------------------------------------------------------
おおあさ自由学校  2011年度受講生募集開始
-------------------------------------------------------------------------------------------


●おおあさ自由学校のねらい

大麻草、大麻、麻、ヘンプ、カンナビス、マリファナ・・・いろいろ
な呼び名があるこの不思議な植物について、私たちは何を知っているの
だろうか?大麻=悪という情報だけなのだろうか?祖父母は、縄や下駄
でお世話になり、父母は化学繊維で知らず、子どもたちは、ヘンプアク
セサリーに親しむ。世代と時空を超えて、人と自然、日本と世界、過去
と未来、この世とあの世をつなぐ最先端な情報をこの教室で学んでみよ
う。
NPO法人アジア太平洋資料センター(PARC)が主催する「麻ではじめる
自然生活」連続10回講座のようなものを大阪でも開催してほしいという
多くの声を受けて、この植物に関わる各分野のスペシャリストの貴重な
話を聞く「おおあさ自由学校」を開催する。講師と生徒という関係を超
えて、真剣にこの植物を学びたい方を募集したい。
今、最も必要なのことは、大麻草に対する正しい知識と、世の中を明
るくするための「楽しい知識」と「具体的な行動」なのだ!!


【第1回】 4月29日 (金)17時〜19時  <麻の実ビュッフェ有>
大麻草入門〜麻ってこんなすごい植物  ※終了後はアチャコライブで交流会
赤星栄志(NPO法人バイオマス産業社会ネットワーク理事)

大麻草は、EUやカナダ、アジア諸国で次世代の環境作物として注目されています。
この植物の多様性と可能性について具体的な事例を通じて全体像を明らかにします。
主著:「ヘンプ読本−麻でエコ生活のススメ」築地書館2006
「体にやさしい麻の実料理」(共著)創森社2004
「ヘンプオイルのある暮らし」(共著)新泉社2005


【第2回】 5月29日(日)17時〜19時
大麻問題を科学的・論理的に考える
武田邦彦(中部大学教授、前名古屋大学教授、専門は資源材料工学)

なぜ大麻というだけで思考停止状態になって批判の大合唱になるのか?日本人が
日本人であるために、温暖化問題やマスコミの現場の話を踏まえて様々な側面か
ら大麻問題を考えます。
主著:「大麻ヒステリー 思考停止になる日本人」光文社新書2009
「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」シリーズ(羊泉社)
「偽善エコロジー」幻冬舎2008など著者多数


【第3回】 6月25日(土)・26日(日)
麻を郷土教育に生かす+栃木の麻畑見学ツアー <現場へ行く!>
小森芳次(栃木県立農業高校教諭)

全国で唯一残された「野州麻」の産地で、里山の振興活動、麻作りの伝統技を受
け継ぎ、次世代に継承する援農活動に頑張る「農業高校生」の村おこしプロジェ
クトを紹介します。
参考文献:「野州麻-道具がかたる麻づくり」栃木県立博物館2008
大麻草検証委員会編「大麻草解体新書」明窓出版2011


【第4回】 7月22日(金)19時〜21時
ヘンプオイルの魅力とヘンプオイルセラピー
ワキ クミコ(ヘンプオイルセラピー Motanica)

人間の本来持つ自然治癒力を高め、『栄養の宝庫』といわれるヘンプオイルの成分
や効能を学び、日常生活に取り入れるためのアイデアを紹介します。講座の後半は、
ヘンプオイルを使った化粧品作りで、自然素材でできたシンプルなスキンケアを実
感してみてください。その他、ヘンプオイルを原料としたクリーム作りのデモスト
レーションを行いますので、それを使っての簡単なセルフケアを体験してみましょう。


【第5回】 8月28日(日) 17時〜19時 <麻の実ビュッフェ有>
2012年の銀河パーティ ―大麻の本質と地球維新に向けて―
中山康直(縄文エネルギー研究所所長)

2011年は麻開きの年です。大麻草検証委員会の活動、中国の長寿村巴馬(バーマ)
ツアー、ヘンプカープロジェクト北海道などの時空と次元を超えた地球維新な動き
について語ります。
主著:「麻ことのはなし―ヒーリングヘンプの詩と真実」評言社2001
中丸薫・中山康直「うれしうれしで越えよう2012年の銀河パーティ」徳間書店2009


【第6回】 9月22日(木) 19時〜21時
麻の実料理を食べよう―大阪カフェスローの挑戦―
藤丸志保、赤澤福彦、見島英之(カフェスロー大阪のスタッフ)

麻の実は、栄養価の高く、クルミのような味があって、いろいろな料理に使えます。
当カフェのきっかけや現在の活動を紹介しながら、実際に麻の実料理をご賞味して
いただきます。
参考文献:吉岡淳「スローなカフェのつくりかた」自然食通信社2009


【第7回】 10月12日(水)19時〜21時
我が大麻人生を語る―マリファナ青春旅行・大麻堂・レストラン麻・医療大麻裁判―
前田耕一(大麻堂オーナー、NPO法人医療大麻を考える会代表)

大麻はすごい植物と言われるが、それを現実的な商品にして経済活動につなげていか
なければ全く意味がないのではないか。大麻堂開店から17年の歩みを中心にざっくば
らんに語ります。
主著:「マリファナ青春旅行(上)(下)」幻冬舎アウトロー文庫1997
参考文献:「お手軽かんたん健康美人の「麻の実」ごはん」ぶんか社 2009


【第8回】 11月13日(日)
日本の大麻布を触ろう―奈良晒の麻績み体験ツアー <現場へ行く!>
岡沼智子(奈良晒 織り子)

「麻績みにはじまり、麻績みにおわる」麻績み(麻糸づくり)体験を通じて、この格言
を体感し、奈良県指定無形文化財の麻織物について多くの人に知ってもらいたい。


【第9回】 12月23日(金)17時〜19時 <麻の実ビュッフェ有、第1回講師も参加>
大麻問題と社会運動―社会学の視点から
山本奈生(佛教大学総合研究所、カンナビスト関西代表)

大麻取締法は何を取り締まっているのか?それに対して私たちはどのように考えればよ
いのか?犯罪社会学の切り口から考察し、問題解決の方法について一緒に考えていきたい。
参考文献:ミシェル・フーコー著「監獄の誕生-監視と処罰-」新潮社1977
三木直子訳「なぜマリファナは非合法なのか」築地書館2011



●受講案内 2011年度受講生募集中!!

<入学資格>
日本語で日常会話できる方
中高生半額、小学生以下無料。保護者同意または同伴で可

<受講料>
3回分受講チケット7500円をその都度購入 当日参加は1回4000円
注)3回分チケットで友だちを誘って3人分として使ってもよい
講座に参加できなくても飲食実費で交流会参加はできます(但し、要予約)
“現場に行く!”の交通費等の実費は、各自ご負担となります

<受講定員>
50名(事前に3回分のチケットを購入された方の先着順)
最小開催人数の10名に満たない場合は開校されませんのであらかじめご了承下さい

<開催教室>
カフェスロー大阪 地図はこちら→ http://goo.gl/maps/U543
阪急十三駅西口改札の南側フレンドリー商店街を通り、渚歯科を右折、
たこ焼き屋さん隣。徒歩7分(TEL/FAX:06-7503-7392)
※カフェスロー大阪は麻壁のある優しくて落ち着くお店です^^
麻の実料理や麻の実焼酎なんかも楽しめます☆

<受講方法>
受講希望の方は、HPやメール等で受講申込書を取り寄せ、必要事項を書いて、申込先にメール等で
送付し、受講チケット3回分(7500円)または9回分(22500円)をお支払い下さい。
9回一括払いの方はDVD特典付き♪  振込手数料は自己負担でお願いします

【ゆうちょ銀行からの振込】
ゆうちょ銀行 記号14110 番号17684471 オオサカオオアサジユウガッコウ
【他金融機関からの振込】
ゆうちょ銀行 店名:四一八(ヨンイチハチ)(普通)1768447 オオサカオオアサジユウガッコウ

<受講申込先>
〒532-0028 大阪市淀川区十三元今里2-5-17 カフェスロー大阪内
大阪おおあさ自由学校事務局
TEL 070-5045-1237 担当:わき
Mail ooasajg@gmail.com
HP http://hemp.schoolbus.jp/
Blog http://ooasajg.blogspot.com/
Twitter http://twitter.com/OoasaJG ←フォローしてください♪


主催:大阪おおあさ自由学校
協力:カフェスロー大阪、NPO法人アジア太平洋資料センター、沖縄ヘンプスクール、カンナビスト関西

パンフレットPDFファイルはこちらです。こちらの資料の方が詳しく講座を紹介しています。→
http://hemp.schoolbus.jp/osaka-hemp-school2011.pdf

posted by manami at 17:12| Comment(0) | 麻、
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: