2017年09月12日

カシミール伝統芸能公演 

8月29日(火)は 
インド政府文化省派遣 スワンザル財団舞踊団による
カシミール伝統芸能公演が三宮の神戸インドクラブでありました。

image.jpg

カシミールはインド北部にありパキスタンとの国境に広がる山岳地帯です。
カシミヤという高級なウールがありますが ここのカシミール・ヤギの毛から
作られているのですね。
地理的・歴史的には、パキスタンとの紛争が絶えない場所で今でも軍が警戒しているとのことですが、
イスラム教徒とヒンドゥー教徒の争いと、国境ゆえの勢力争いなどが絶えないところです。
しかし、国民は自然豊かな地でそれぞれの文化を楽しみ融合していることを
この公演のテーマにして舞踊と音楽・歌が披露されていました。

衣装は今までに見たことのないもので少し戸惑いました。
パキスタンや山岳地帯、チベット、などの影響もあるようです。
音楽も中近東の趣が強く感じられとても新鮮でした。

IMG_0304.JPG

IMG_0311.JPG

IMG_0312.JPG

IMG_0313.JPG

日本でこのようにカシミール地方の芸能を堪能できるなんて!!
とても貴重な時間を楽しませていただきました。
インドクラブのホールは超満員になっていて多くの拍手が送られていました。

インド人の奥様方の服はとても豪華で美しい〜〜〜。
IMG_0319.JPG

インドクラブのブュッフェ
IMG_0316.JPG


posted by manami at 16:17| Comment(0) | インド関連

8月15日 インド独立記念日 国旗掲揚式

日にちが前後しますが。。。

8月15日は日本は終戦記念日ですが、
インドは 独立記念日です。
インド国内では至る所に ガンジーのポスターや国旗が見れらます。
日本(関西)に居るインド人の皆さんは 在大阪・神戸インド総領事館の主催で
国旗掲揚式が行われます。
私はご招待いただくのでできる限り出席しています。

今年は インディアン・ソーシャル・ソサエティーでありました。
インド総領事のスピーチの後、集まった多くのインド人の皆さんと
おめでとう!!と挨拶し 交流の時間を持ちます。
とても楽しい時間です。

IMG_0154.JPG

男性の集合写真
IMG_0135.JPG

アームストロング・チャングサン インド総領事
IMG_0137.JPG

インド国旗のケーキ
IMG_0144.JPG

インド人夫人の皆さんと
IMG_0150.JPG
posted by manami at 14:59| Comment(0) | インド関連

御旅祭り@生田神社兵庫宮 

ブログはあったことをすぐに更新するものなのでしょうが、、、
8月20日(日)に兵庫駅近くにある生田神社兵庫宮での
「御旅祭り」のレポートです。

和田岬から生田神社に向かう神様の御旅所として
かつてはこの地域は中心地でもあり活気あり華やかだったそうです。
今では、地元の方によると地下鉄ができて多くの人がこの地域を通り越して
元町、三宮に移動するようになり徐々に人の足が遠のいていったとか。。。
しかし、歴史ある生田神社兵庫宮のお役目を伝えよう始まったお祭りです。
暑〜い中、地元のご年配の方々が中心になって積極的に祭りを盛り上げておられる姿と
若い人たちがそれを支えようとする手作りのお祭りはとても好感が持てます。

私たちは本殿の前に設置されたステージで踊らせていただけるのです。
それはとてもとても気持ちがいいものですよ。
ありがたいです。

IMG_0235.JPG

IMG_0237.JPG

社務所2階の控室から撮りました。
本殿前のステージで ハワイヤンを披露されているところです。
IMG_0243.JPG

境内の様子。
IMG_0244.JPG

私たちのステージです。サラスヴァティ女神の踊りです。
IMG_0268.JPG

IMG_0269.JPG

IMG_0267.JPG
posted by manami at 14:45| Comment(0) | マルガユニティー

2017年08月02日

雅びに インド古典の宴 vol.2 報告

 7月9日(日)、神戸三宮シアター・エートーにて
関西日印文化協会主催「雅びに インド古典の宴 vol.2 」は
多くの方々にご来場いただき 無事盛況にて終えることができました。
報告が大変遅くなってしまいましたが、ここにスナップ写真、ステージ写真を紹介させていただきます。

IMG_0054.JPG

IMG_0044.JPG

今回は インド共和国の3つの地域で育まれてきたそれぞれの文化が 
反映されている古典舞踊を披露し、その違いや共通点、また日本につながる
どこか懐かしく感じる点などをご紹介しました。
私は南インド古典舞踊バラタナーティヤムに出会いその魅力を追い続けていますので
他の地域のことはあまりわかりません。しかし、今回この機会に
東北インドのマニプール州のマニプリ舞踊、東インドのオリッサ州の古典舞踊オリッシィ、
のことを調べてみましたらそれぞれにどこかなんとなく日本と繋がっていることを
再認識しとても興味深いと思いました。
また、同じインドなのに違う文化が息づいていることに驚きながらも、
神という存在を舞踊を通して人々に伝えることことにより
インド共和国が一つになる心の拠り所であるように思いました。

最近は南インド古典舞踊バラタナーティヤムと東インド古典舞踊オリッシィを学ぶ人が
関西でも少しずつ増えてきました。昨年の「雅びに インド古典の宴」でも
オリッシィの柳田紀美子さんに出演していただいたのですが、
東北インドのマニプリ舞踊を踊る人は日本人では外川セツさんだけかと思うのです。
そもそもこの地域のことを日本人はほとんど知らないと思いますが、
位置的に日本に一番近くあり、文化面での共通点は沢山ありますし
歴史的にも第二次世界大戦の時に多くの日本人が行っていたとのことです。
セツさんは子どもの頃、インドで育ったという環境にあり自然とマニプリ舞踊に
出会われたとのことですが そうでない限りマニプリ舞踊を知ることもないでしょう。
インドにいても南インドでマニプリ舞踊を観られる機会は滅多にありませんから。。。
それくらい珍しいことです。
今回はオリッシィの紀美子さんと企画した際に、是非ともセツさんに出演していただこう。と
いうことになり 関東にお住いにもかかわらず幸いこの公演の趣旨に賛同いただいて
快く出演してくださいました。

公演では初めにインド総領事にスピーチをしていただいたのですが
「インドでもこのように3つの地域の舞踊を一度に楽しむことは1年に1回あるかないかくらい
珍しいことなのに、この神戸でそれを観ることができるのは大変嬉しい事だ」と
言っていただきました。
そして、今年は2017年の日印友好交流年を日本とインドの間の幅広い交流を通じた
一層の友好関係の増進に向けた年であり,「日印友好交流年記念事業」として認定していただきました。

IMG_1010.JPG

プログラムは
まず、バラタナーティヤムの舞台の初めに舞台の成功を祈る踊りから始めて
FFE8CB48-6CED-40DF-B05F-77A947E0A614.JPG FB8F74A2-4EAA-498E-A7EF-AFF71243CDF4.JPG 9EC197E0-FB5B-462E-A0D0-D07BE2E72D73.JPG FF77E007-6E9F-440F-8BC3-1F3DD4AC8F6B.JPG C78F54C3-DE7E-445A-A071-8F23EBD29BAD.JPG

マニプリ舞踊 1演目
B1E7B3B3-8206-4428-AE00-069228291026.JPG 2FF4A1EC-5A87-4A64-811D-FC456343EF4B.JPG F5E0F8CA-2A35-46D3-8BF8-E35CC61D2393.JPG 18F18272-749E-4641-86F2-224E1C23528B.JPG

オリッシィ 2演目 と続きました。
2演目めは 1部の締めとして「モクシャ」という解脱を意味する踊りでした。
FB5FEA4F-205E-4C04-9A0B-1AC2E647FD18.JPG 7BECACE4-B4EB-477C-AEA4-48AE6A753A6F.JPG 4DBF1AE6-E0A9-4003-B60F-595D892CB868.JPG

この1部だけでも 3つの舞踊の違いはよくわかったと思うのですが
2部は 12Cの詩人ジャヤデーヴァによってつづられた、24篇から成るサンスクリット
連作歌曲集「ギータ・ゴーヴィンダ(牛飼いの歌)」の中にある舞踊を3つの舞踊で紹介し
同じ内容なのに表現の仕方が違う点をよりわかりやすく観ていただきました。
 28E71326-07E6-4F42-901F-4DA0E24900C5.JPG A8E1FF33-D3E8-4FE1-A08C-F80B18B4BAA0.JPG 49903088-E16C-42A7-9FB3-4BE977EEF90F.JPG

37E1F25F-50DF-4055-B803-C69022F6143B.JPG C12EE29D-268A-491E-B14F-B6912637C99A.JPG 1FC66482-8995-4EE6-8844-79D26E36131F.JPG 60081239-99EC-4EA8-8A9E-2D5558114435.JPG 

562CBE97-65AB-4CF7-8CD4-937A18C7BC91.JPG DFE12133-B0E1-4859-BEB5-B73258E74406.JPG 2B95BB80-DDD8-4E52-83BD-472964399255.JPG

最後は、バラタナーティヤムの「ティラナ」という舞台の最後を締めくくる踊りで終えました。
3231174F-FF26-4369-B433-5CD9633A0E3A.JPG 5C346DB9-7313-4B37-A944-8B85EC77E6C7.JPG


3人でのそれぞれの舞踊でのご挨拶の後、
IMG_0080.JPG

IMG_3010.JPG

奈良女子大学名誉教授の平井タカネ様に講評を述べていただきました。
とてもわかりやすくお話しいただき、観客の皆さんが思っていることを次々におっしゃるので
皆さんの心がスッキリしたと思います。
7A3CF6F0-D2C2-46B3-9420-14FBAC63F53A.JPG

準備にとても時間をかけてきました「雅びに インド古典の宴 vol.2」でした。
終わってから安堵の気持ちと充実感に満たされた状態でしばらく過ごしておりました。。
企画構成、告知広報などに関わっていただいた皆様、また見えないところで支援していただいた皆様、
そして当日のスタッフと神戸三宮シアター・エートーの皆様には本当に感謝しています。
おかげのお力によって盛況にしていただきましたことを心に深く刻み
これからの精進へと謹んで糧とさせていただきます。

最後に、ご来場いただきました皆様に深くお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

IMG_0153.JPG

IMG_0146.JPG

IMG_0174.JPG

posted by manami at 18:56| Comment(0) | LIVE/公演レポート

2017年06月06日

雅びに インド古典の宴 vol.2 まであと一ヶ月です!!

JR三ノ宮駅東口から北へ3分のところに6月からオープンしている「神戸三宮シアター・エートー」で・・・

fullsizeoutput_5f73.jpeg

後一ヶ月になりました!
7月9日(日)「雅びに インド古典の宴 vol.2」を行います。
南インド、東インド、東北インドの古典舞踊の公演です。
同じインドなのですが 地域によって文化が違いそれぞれにその特徴があり、
また根底にあるものが共通している点をご紹介いたします。
特に、ギータ・ゴーヴィンダという24篇から成るサンスクリット連作歌曲集の
クリシュナ神の恋物語をそれぞれの舞踊で見ていただくプログラムは
この公演ならではです。
ぜひ、インド文化をじっくりとどっぷりとお楽しみ下さい。

只今、前売り予約を受け付けております。
7月9日(日)は「雅びに インド古典の宴 vol.2」に予定を入れていただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

詳細はこちらをご覧ください。
http://manami-f.com/featrued/2515.html
こちらには予約フォームもあります。


「雅びに インド古典の宴 vol.2」日印友好交流年記念事業

マニプリ(東北インド)
オリッシィ(東インド)
バラタナーティヤム(南インド)
熱く薫る三つのインド古典舞踊 一つにつながる心の琴線。

日時:2017年7月9日(日) 開演14:00~16:00  (開場13:30)

会場:神戸三宮シアター・エートー
 http://www.a-to-kobe.jp
   JR三ノ宮駅東口から徒歩約3分
   神戸市中央区琴ノ緒町5-6-9 TEL.078-231-0011

料金:前売り予約¥3,500 当日券¥4,000
  (高校生以下/前売り予約¥1,500 当日券¥2,000)

出演者:
東北部マニプール州インド舞踊マニプリ/外川セツ
東インド古典舞踊オリッシィ/柳田紀美子
南インド古典舞踊バラタナティヤム/モガリ真奈美

前売り予約・お問合せ:
info@kansainichiin.com  090 8535 4130 (モガリ)
メールまたはお電話で「お名前・枚数・ご連絡先」をお知らせ下さい。

料金は当日受付にてご精算いただきます。

主催:関西日印文化協会 http://kansainichiin.com
後援:在大阪神戸インド総領事館、兵庫県、神戸市、神戸市教育委員会、(公財)兵庫県国際交流協会、
(公財)兵庫県芸術文化協会、(公財)神戸市民文化振興財団、(公財)神戸国際協力交流センター
神戸市芸術文化会議
協力:エアインディア
2017-04-11 12.53のイメージ.jpg

2017-04-11 12.56のイメージ.jpg

posted by manami at 00:07| Comment(0) | イベント

2017年06月03日

神戸まつりのパフォーマンス

5月21日(日)は神戸まつりに出演しました。
今年は 神戸港開港150周年の記念の年でもあり
催しが多く人出も多くて、暑くて賑やかでとても活気がありました。
私たちは、昨年に続きエントリーさせていただいて
花舞台に出演しました。
このステージはとても大きいので広く使ってみようと思い
出演者9名でのフォーメーションの練習を重ねてきました。
10分だけの出演時間なのですが、この10分に集中することも楽しいです。

7分弱の踊りを編集してみました。
編集は初心者なので多めに見てくださいね。
こちらです。
posted by manami at 22:24| Comment(0) | マルガユニティー

2017年05月24日

西宮香風高校でのヨガ教室

前にもブログでご案内しましたが、
http://manami-f.sblo.jp/article/179544137.html
5月9日から6月6日まで毎週火曜日の5回、
西宮香風高校で「ヨガ教室」をしています。
が、参加者が少ないので再度ご案内させて頂きます。

残すところ、5月30日(火)6月6日(火)の2回ですが、
1回でも構いませんので、ご都合よろしければ
ぜひ、身体をすっきりとしに来てください。

ヨガ教室
日時:5月30日、6月6日 15:30~17:00 。
場所:西宮香風高等学校
西宮市建石町7番43号 http://www.hyogo-c.ed.jp/~kofu-hs/
費用:¥150(損害保険代)
申込:0798-39-1017(半沢)

半沢先生に電話してください。
車で来られる場合は申し込みの時に聞いてもらうと学校の駐車場が使えると思います。

H29yogokyositu1.jpg
posted by manami at 11:03| Comment(0) | インフォメーション

2017年05月19日

「〜日本に初めて来たインド人、婆羅門僧菩提僊那を継承する〜」記念公演に行きました

2017年日印友好交流年記念事業
「〜日本に初めて来たインド人、婆羅門僧菩提僊那を継承する〜」
記念公演&インド武芸カラリパヤット奉納公演
奈良公演:東大寺総合文化センター金鐘ホール
平成29年5月14日(日)に行きました。

IMG_8348.JPG
インド総領事

IMG_8347.JPG
開会の儀式(インド総領事、二月堂住職、大安寺副住職、奈良県庁の方、主催者)

小島裕子(やすこ)さん(国際仏教学大学非常勤講師・金剛院仏教文化研究所主任研究員)の
「インド僧菩提僊那(ボーディセーナ)と東大寺ー大仏開眼供養をめぐってー」
講演会のお話はとても興味深かったです。
菩提僊那の詳しい経歴はあまり残っていないそうなのですが、
出生地は南天竺と伝えられる。
(しかし、南天竺がインドのどこに当たるのかは不明)
天平宝字4年(760)2月25日奈良大安寺において遷化。
来朝から25年あまり、57歳の生涯(704ー760)
と、以上です。
しかし、「東大寺四聖御影」の中に菩提僊那が描かれています。
他には、聖武天皇、行基僧正、良弁僧正、です。
この聖武天皇や行基の資料から菩提僊那のことを知ることになります。
その内容は想像の域にもなるので、諸説あるという点から
さらにロマンを広げることが面白いです。
特に、インドから文殊菩薩(行基)に会いに中国(山西省五台山)に行ったのですが、
文殊菩薩は日本(耶麻台国)にいるとしり 日本に向かい難波の浦にたどり着いた。
というものです。これだけではありませんが。。。

また、大安寺を住まいにしていたことは大安寺の資料からも明らかです。
初めて来たインド人婆羅門僧が、大仏の開眼の筆を取る。と残されているのも明らかです。

今も昔も、連日多くの観光客(近年は外国人観光客も!)修学旅行生などが
大仏様を見に、手を合わせに訪れていますが、
このことを知っている人はまだほとんどいないのではないでしょうか。

特に、インド人はこのことに深く感銘してこれを継承し、
後世にも伝えなければならいとして4、5年前からこの催しが始まりました。

以下、小島さんの資料より
「天平の記憶 天平8(736)年5月18日(旧暦)ある天竺(印度)の僧侶が来日した。
婆羅門僧正菩提僊那Bodhinenaである。
後に、東大寺の毘盧遮那仏(大仏)の開眼を行った導師として、
その名が広く世に知られることとなる。
来朝から千二百五十有余年、
わが国の歴史の中で語り伝えられ、今も伝承の中に生き続けている 菩提僊那。
ここにその一端をご紹介し、僧正の遺徳を偲ぶ(継承の場)としたい。

IMG_8352.JPG

以上。

後半は、毎年インド政府ICCRから派遣されるインド芸術の団体による公演があります。
今年は、ケララ州発祥の武術カラリパヤットの団体が来日していました。
私は、コーチンに滞在中にカラリパヤットを見ましたが
同じくその迫力に圧倒されました。

IMG_8373.JPG

IMG_8371.JPG

帰りは大仏様にお詣りして

IMG_8376.JPG

IMG_8396.JPG

IMG_8394.JPG

IMG_8401.JPG

奈良でインドカレーを食べて帰りました。

IMG_8411.JPG

IMG_8410.JPG
posted by manami at 02:10| Comment(0) | イベント

2017年05月12日

11日は「ヒ・フ・ミのはじまりWS」でした。

「ヒ・フ・ミのはじまりWS/2つのメソッド」
アーユルヴェーダ&南インド古典舞踊 の2回目を11日に行いました。
ご参加いただきました皆様、ありがとうございましたにこにこ
アーユルヴェーダのスパイス講座は効用、使い方など実践してみたい健康法を学びました。
そうそう、美味しいチャイの作り方も!!
次回は体質別の健康法です(^_^)v

南インド古典舞踊は、ステップの効果を体感して身体の左右(足・腕・指・目)の動きと
その効果によるバランス感覚を体験しました。いかがでしたでしょうかー。
次回は、さらにリズミカルに省エネな動きを体験します。

18403561_1546324588711652_8003847108220522525_n.jpg

次回は、6月8日木曜日です(^_^)v

「ヒ・フ・ミのはじまりWS」・2つのメソッド・
・アーユルヴェーダ&南インド古典舞踊


大宇宙大自然(火・風・水)とつながる心身(左・中・右)と
エネルギーセンターとを体感するために
それらを網羅するインド太古の叡智を今ここに
自らの心身の内に思い出す(はじまり)のワークショップ。

[会場]サラ・シャンティ
神戸市灘区八幡町3-6-19 クレアール六甲1A
 TEL.078-802-5120
http://www.npo.co.jp/santi
*阪急六甲駅から徒歩約1分

[日時] 6月8日
A:13:30~15:00 アーユルヴェーダ/講師:イナムラ・ヒロエ・シャルマ
B:15:30~17:00 南インド古典舞踊/講師:モガリ真奈美


[参加費]
A:アーユルヴェーダ、\3,000、
B:南インド古典舞踊、\3,000、
(A&B:\5,500)
・当日+\500


[内容]
4月13日
A:アーユルヴェーダ:アーユルヴェーダの心・身体・魂の健康法とはなにか?
B:南インド古典舞踊:踊りのインド神話とチャクラ・エネルギーバランスを体感する

5月11日
A:アーユルヴェーダ:スパイスを使った健康法
B:南インド古典舞踊:四肢を左右対称に動かしチャクラ・エネルギーバランスを体感する

6月8日
A:アーユルヴェーダ:自分の体質を知って健康法を知ろう
B:南インド古典舞踊:リズミカルに軽やかに動くエネルギーの流れと体幹(チャクラ)を整える


[申込先]
・事前予約をお願いいたします。
メール:marga-m@nifty.com (モガリ)
または、http://manami-f.com/featrued/2486.html予約フォームをお使いください。
下記をご明記の上、お申し込みをお願いいたします。
1、お名前
2、連絡先
3、参加WS (A:アーユルヴェーダ・B:南インド古典舞踊・A&B)

講師プロフィール
イナムラ・ヒロエ・シャルマ
アーユルヴェーダ医師 大阪アーユルヴェーダ研究所所長 gust_inamura
日本アーユルヴェーダ学会副理事長
NPO 日本アーユルヴェーダ協会副理事長
Himani Ayurveda Research & Science Foundation 顧問
International Vedic Foundation 顧問
Guj. Ayu.Univ.India;元「AYU」誌顧問
第37回日本アーユルヴェーダ学会神戸研究総会大会顧問
著書:
「アーユルヴェーダ~日常と季節の過ごし方」(平河出版)1987年
「生命科学~アーユルヴェーダ」共著(柏樹社)1990年
「寿命の科学」(主婦と生活社)1996年
「美しく豊かに生きる」(出帆新社)2002年

大阪アーユルヴェーダ研究所http://www.e-ayurveda.com/
「癒しフェア2017」Guest出演者
http://a-advice.com/osaka_2017/guest/inamura-hiroe-syaruma/

gust_inamura.jpg

モガリ真奈美
FullSizeRender南インド古典舞踊グループ・マルガユニティー主宰
関西日印文化協会 理事
1990年南インド古典舞踊を始め 南インド・チェンナ イで
K.P.Yesodhaに師事し 渡印を重ねる。
1996年舞踊活動開始。1998年南インド古典舞踊グループ マルガユニ ティーを
主宰しレッスンクラスを始める。
2001年〜 兵庫県立西宮香風高等学校で「異文 化体験・インド古典舞踊(選択科目)
特別非常勤講師を勤める。
その他、公共施設や各種団体の講演会講師、イベント出演、神社仏閣の奉納舞など 南インド文化を踊りを通して伝える機会を増やす一方、
太古から伝わるインド神話の叡智、踊りを通したメッセージを今につなぐLIVE活動を広げる。
また、大阪、宝塚、三宮 のレッスンクラスにてダンサー、後進の育成をし奥深い南インド古典舞踊の魅力を伝える。
http://manami-f.com

FullSizeRender.jpg
posted by manami at 00:40| Comment(0) | イベント

2017年05月09日

南インド映画祭

4月29日から大阪はシネヌーヴォで 南 インド映画祭が始まっていました。

IMG_8303.JPG

fullsizeoutput_6004.jpeg

fullsizeoutput_5ffe.jpeg

どの映画も面白そうでどれも観たい!とワクワクしていたのですが
なかなか日にちと時間が合わず、、、。
やっと今日、テルグ映画の「人形の家」を観に行けましたー!

fullsizeoutput_5ffd.jpeg

踊りあり、友情、葛藤、家族の問題、そしてロマンス黒ハート
テンポが良くて表情が可愛くて、クスクスと笑いを誘いながら
心朗らかにさせてくれました。
他にも観にいきたいです。
まだ、今週末までやっているので時間が合えば是非!

南インド映画祭
南 インディアン・フィルム・フェスティバル・ジャパン SIFFJ2017

詳細はこちらですhttp://siffj.jp

「人形の家」は11:00から 予告も入れて終わったのは14:00前!!
それからのランチはやはりインド料理でしょう!
でもほとんどのインド料理店は15時でランチは終わってしまうので
お昼休憩のない アールティー・アメ村ビッグステップ店に行きました。
美味しかったですかわいい

IMG_8305.JPG

インドを満喫した1日でしたー。
posted by manami at 00:17| Comment(0) | インド関連